« 実録・白い死神(または生きた死亡フラグ) | トップページ | 安田美沙子とつげ義春( アイドル愚考録 ) »

2007年10月21日 (日)

NO.3 関俊彦

私は声フェチである。

さて、私の好きな声優三人の最後の一人、

関俊彦氏についてだ。

この方だけは前者のお二人とは違い、

声惚れした訳ではない。

では何故か。

それは「演技力」だ。

現在は電王のモモタロスが代表だろう。

ジャンプ系ではナルトのイルカ先生や

BLEACHの海燕がある。

他には忍たま乱太郎の土井先生だろうか。

そして、過去には天空戦記シュラトのシュラトや

炎の蜃気楼の高耶。

最遊記の三蔵等があり、

「日本一経(呪文)が上手い声優」なのである。

この方はどちらかといえば、

モモタロスのような「熱血or元気系」と思われがちだ。

もしくは土井先生や

アンジェリークのルヴァ等のイイ人系か。

かくゆう私もこの方の演じるキャラでは、

サイバーフォーミュラのブリード加賀のような

「元気のイイ近所の兄ちゃん系」が1番好きだ。

が、この方が凄いのは

他のパターンも完璧に演じきれるという所だ。

中でも必聴なのはふしぎの海のナディアのフェイト。

このキャラの死に際の演技は凄まじい!

悲壮感がヒシヒシと伝わってきて、

聞いているこっちまで辛くなってくる。

そして、もうひとつはトライガンのレガート。

これは他の俊彦キャラと違い

感情の起伏がまったく無い淡々としたキャラだ。

それが、無理に抑え込んでいるのではなく、

「ああ、このキャラは本当に喜怒哀楽が無いんだなぁ」

と思わせる演技力なのだ。

最後に、二代目笛は歌うのお兄さんである事は

付け加えておかなければなるまい。

|

« 実録・白い死神(または生きた死亡フラグ) | トップページ | 安田美沙子とつげ義春( アイドル愚考録 ) »

◇細乃ゆい」カテゴリの記事

『声優語り』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446045/8406065

この記事へのトラックバック一覧です: NO.3 関俊彦:

« 実録・白い死神(または生きた死亡フラグ) | トップページ | 安田美沙子とつげ義春( アイドル愚考録 ) »