« 実録・白い悪魔2 | トップページ | 中川翔子と維新の嵐( アイドル愚考録 ) »

2007年10月28日 (日)

NO.4 近藤隆(08年6月26日改稿)

私は声フェチである。

故に好きな声優は両手両足の指でもたりない程だ。

好きな声優がやっているキャラが好きなのであって、

好きなキャラをやっている声優を好きになるのは「まれ」である。

その「まれ」に好きになるタイプの声優、

今回は近藤隆氏について語ってみよう。

近藤隆氏は私が高校の頃から知ってる声優ではあるが、

その名前を頻繁に見るようになったのは最近である。

ブラックキャットのトレインであり、

そして私の(今現在での)最愛キャラの家庭教師ヒットマンREBORN!

雲雀恭弥である。

最初、REBORNのアニメ化が決まり、

雲雀恭弥の声優がこの方だと聞いた時は正直驚いた。

なにせ、私にとってこの方の印象は「トレイン」ではなく、

ゲーム「ギルティギア」の「ファウストorポチョムキン」の色モノイメージだったのだ。

そんなんだから雲雀恭弥=近藤隆を知った私の動揺たるや、

それはそれは物凄いモノだった。

期待と不安が合間って凄まじいパニックぷっりだった。

一応とトレインの事も見ていたので知っていた。

だかファウストおよびポチョムキンの凄まじい色モノの印象が拭えず。

反面格闘ゲームでこういった色モノキャラを演じる方は、

逆に美形キャラも上手い場合が多いのだ。

代表的なものは、

サイキックフォースのゲイツとキースが同じ声優といった感じだ。

結果はご存知の方がほとんどだとは思うが、

近藤さんの雲雀恭弥はとても評価が高い。

キャラ人気が作中1位な事もあり、

キャラの声入り目覚まし時計が主人公を差し置いて発売されるし

(私もモチロン買います!予約済みです(o^-')b

が、ご注意ください内金が五千円からでした!)。

余談だが、同じ仕様のモノが銀魂では銀時と土方が発売されている。

11月4日に発売された家庭教師ヒットマンREBORN!の

エンディングCDの雲雀サイドがオリコン初登場7位

という快挙を成し遂げた。

が、こういった場合喜ぶよりも

無性に世間に謝りたくなるのはなぜだろう。

|

« 実録・白い悪魔2 | トップページ | 中川翔子と維新の嵐( アイドル愚考録 ) »

◇細乃ゆい」カテゴリの記事

『声優語り』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446045/8656730

この記事へのトラックバック一覧です: NO.4 近藤隆(08年6月26日改稿):

« 実録・白い悪魔2 | トップページ | 中川翔子と維新の嵐( アイドル愚考録 ) »