« 夜泣き | トップページ | GIN IRO »

2007年12月13日 (木)

プレイバック '07 F1 -4-

未曾有の混戦となった'07シーズンのF1。

各チームどのように戦ったのでしょうか。

1年を振り返りつつ、通信簿をつけてみました。

本日は

 

トロロッソ

 

昨シーズンはリミッターのついたV10エンジンでの参戦でしたが、

今年からはフェラーリのV8エンジン。

しかも、シャシーはエイドリアン・ニューウェイが手がけたとなれば

下位グループからの脱却も十分に可能。

問題はルノーエンジン用に開発されたシャシーに

フェラーリエンジンがどれだけマッチするか。

ところが、問題はそれだけに留まりませんでした。

開発のメインはレッドブルである為、

ニューパーツがなかなかトロロッソにまで

回らないという問題が発生したのです。

さらに本家のレッドブルも含め、

マシンのリアライアビリティが低かったからさあ大変。

トラブルに泣かされるし、対策パーツも届かない。

下位グループ脱却どころか、

スーパーアグリにまで出し抜かれてしまいます。

成績が悪ければチームの雰囲気だって悪くなってきます。

そして勃発したお家騒動。

シーズンの半分以上がこれに費やされてしまいました。

スパイカーと展開されたカスタマーシャシー問題など、

騒動に煩わされたシーズンだったとも言えるでしょう。

特に、お家騒動はリザルトにモロに影響を与えました。

ヴィタントニオ・リウッツィは黙して語らず

まだレースに集中していたようですが、

"アメリカン"スコット・スピードはコース上でのバトルよりも

ゲルハルト・ベルガーやフランツ・トストとの

バトルに情熱を燃やしていた様子。

さらに来シーズンセバスチャン・ブルデーの起用が内定し、

リウッツィ、スピードのどちらかが

放出される見通しとなりました。

チームの緊張状態は日に日に増して行きます。

マシンのポテンシャルを発揮できないままシーズンは進行。

そしてとうとう、スコット・スピードが

レギュラードライバーの座から降格され、

チームの緊張はピークを迎えました。

しかし、これが功を奏するのです。

BMWからセバスチャン・ヴェッテルを呼び戻し、

スコット・スピードの後釜に据えました。

以降チームの雰囲気は明るくなり、

ヴェッテルの早さも相まって

チームの状況はみるみる好転。

それはリザルトにも反映されてきました。

マシンのリライアビリティが

向上して来たことも追い風となったのです。

日本GPでのヴェッテルのアクシデントや

リウッツィのペナルティなどの不運もありましたが、

中国GPで見事ダブルポイントゲット。

最終戦ブラジルGPは、まぁちょっとアレでしたが

シーズンの終盤に帳尻を合わせてきました。

 

 

✰ฺ ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・

今シーズンのトロロッソの評価

✰ฺ ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・

 

60pt

 

 

本来ならばもう少しポイントを獲得できたと思われるだけに、

物足りなさは残りました。

来シーズンはヴェッテルとブルデーの

セバスチャンコンビでシーズンを戦うコトになります。

チャンプカーで4年連続チャンピオンを獲ったとはいえ、

F1でのポテンシャルは未知数。

マイケル・アンドレッティや

アレッサンドロ・ザナルディの例もありますからね。

個人的にはあまり期待していません。

リウッツィに走らせた方が良いのではないかと思っております。

ですが、チームの雰囲気は良く、

ヴェッテルの速さは折り紙付き。

エンジンもフェラーリを継続して使えるようですし、

今シーズンより良くなる可能性はあります。

ただし、カスタマーシャシーの問題如何では

厳しい戦いを強いられる可能性もありますが。

この問題が片付かないうちには

来シーズンの展望も立たないでしょう。

ゲルハルト・ベルガーのロビーワークにかかっています。

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

プレイバック '07 F1 -11-

プレイバック '07 F1 -10-

プレイバック '07 F1 -9-

プレイバック '07 F1 -8-

プレイバック '07 F1 -7-

プレイバック '07 F1 -6-

プレイバック '07 F1 -5-

プレイバック '07 F1 -4-

プレイバック '07 F1 -3-

プレイバック '07 F1 -2-

プレイバック '07 F1 -1-

|

« 夜泣き | トップページ | GIN IRO »

◇Samiano de Angelis」カテゴリの記事

●F1」カテゴリの記事

●コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446045/9393326

この記事へのトラックバック一覧です: プレイバック '07 F1 -4-:

« 夜泣き | トップページ | GIN IRO »