« 目線 | トップページ | 演出論 ( アイドル愚考録 ) »

2008年2月10日 (日)

声優語り15・近年の声優事情

私は声フェチである。その歴史はすでに半生以上になる。
最近のアニメで多いいのが、『芸能人の起用』である。天下のS●APも声優未経験者はいない。

最初に言っておく。私は『どちらでも〜』派だ。そういっていられるのも、今までに一度も好きなキャラに芸能人が起用された事がないからだ。

洋画の吹き替えは今までにも多くあったし、ディズニーアニメや宮崎アニメも俳優さんの起用が多い。
何故このような事を思ったかというと、金曜ロードショウでデスノートでの中村獅童氏を聞いてしまったからだ。ハッキリ言って上手い。いや、上手く『成った』のだ。ONE PIECE映画史上最高の迷作と(私の身内では)呼ばれている『呪われた聖剣』とは見違える(聞き違える?)ほどの上達ぶりだ。
やはり同じ芸能人であっても、歌手や舞台が主な俳優さんの方が上手い様に思われる。
『獣王星』では小栗旬氏より堂本光一氏の方が早く慣れた。まあ、あくまで「私は」だが。

結局は何が言いたいかというと。「今下手な声優としては新人な演者さんでも、上手くなってくるし。そのうち慣れてくるから、そんなに目くじら立てなくてもイイんじゃね?」という事だ。
今どんなに上手い方でも新人時代は何ともいえぬ感じなのだから。私の最愛の速水さんしかり、置鮎さんしかり。
今はテニミュ俳優が起用される事もあるのだし、某アイドル事務所のように、将来ビックになる新人を見つけてみてはどうだろう?

|

« 目線 | トップページ | 演出論 ( アイドル愚考録 ) »

◇細乃ゆい」カテゴリの記事

『声優語り』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446045/10407962

この記事へのトラックバック一覧です: 声優語り15・近年の声優事情:

« 目線 | トップページ | 演出論 ( アイドル愚考録 ) »