« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

優木まおみの距離感( アイドル愚考録 )

先週号のスピリッツのグラビアは、NHK英語講座のアシスタントで御馴染みの優木まおみであった。

スピリッツのグラビアの特色は、ヤングジャンプやヤングサンデーなどに比べて露出が少なく、優しい雰囲気のカットで構成されることだが、今回はそれが上手く嵌まっていた。

こちらに押し付けてくるような過剰な色気はなく、彼女の素顔を見せてもらっているようなリアリティのあるグラビアであった。

中でも青いタオルをすっぽり被り、照れくさそうに笑う一枚は、9割の可愛らしさと1割の色気を覗かせた、ここ最近のグラビアでも出色の出来栄えであった。

ところで、彼女の表情や物腰から猫を連想するのは私だけであろうか。

それも乳臭い仔猫ではなく、れっきとした成猫である。

誰彼と構わずじゃれつく仔猫の愛嬌ではなく、こちらにゆっくりやってきて、そっと柔らかな頬をこすり付けてくる成猫のコケティッシュな甘えを感じるからだ。

彼女は距離の取り方が絶妙なのである。

こちらが警戒するまでは踏み込まないが、手を伸ばせば届く距離に必ずいる。

優木まおみの魅力は、この抜群の距離感にある。

人間は他人との繋がりを求める一方で、個人的な部分への干渉を何より嫌がる、傲慢な生き物である。

その距離が近すぎても遠すぎてもコミュニケーションには弊害が生じる。誰しも一度や二度その距離を間違えて失敗した経験を持っていることだろう。

ところが、彼女は決して測り間違えることがない。いつもこちらに対し絶妙の位置を保っている。

時間なのだろう。さまざまな出来事、嬉しいことや悲しいことに彼女は全力で向き合ってきたのだ。そうやって相手との適切な距離を学んできたに違いない。どこまで近づけば声が届くのか。どこまで踏み込むと相手を傷つけるのか。経験の中で体に刻んできたのだ。

これは10代のアイドルたちにはないものだ。

優木まおみの重ねてきた月日が醸成した、彼女だけの魅力である。

女はいい女に生まれない。いい女になるのだ。

また、これとは別に注目して欲しいのが英語講座のアシスタントという経歴である。

私が中学生の頃に実施した調査によると、男があらゆる女性教師のなかで興奮を覚えるのが英語教師であるからだ。

発音練習の際、通常は隠されるべきはずの舌が派手なアクションを余儀なくされ、ちらりちらりと唇から覗くことがその人気の理由であった。

その時、私だけは古典教師を強く推していたのだが、優木まなみが「アール」の発音を生徒らに教えているところを想像すると、彼らが英語教師を推した理由に得心が行った。

彼女には今後も英語関係の仕事を続けて欲しいものである。

これは蛇足だが、私が古典教師を推挙した理由は、源氏物語のテキストを持った女性教師が、光源氏と寵愛する女性たちとの睦み事のくだりを、感情を押し殺しながら朗読している光景が浮かんだからである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月29日 (日)

声優語り・番外「REBORNコンサート、略して『リボコン』に行ってきました。その2」

今回は5月4日に中野サンプラザで行われたREBORNコンサート、

略して『リボコン』のレポートをしたいと思います。

過分に腐女子フィルターがかかっていると思われますがその点はご了承くださいませ。

やはり今、女性向け同人界で1番人気のREBORN

観客の大半は腐女子

(前の方に若干の親子席。あとは女性声優さんのお兄さん方が何故か固まっていた)

そして声優さん方も分かっているかのような行動…。

正に山獄でムクヒバなステージでございました(-.-;)

特に骸役の飯田さん。

アレが演技なら少々サービス過剰。もし地なら萌えを通り越して怖い気がしてしまった、

そんな私はディノヒバ派3年目。

でもちょっと理想的なムクヒバでもあり。しかし、こういったコンサートだけでなく、

イベント全般ではドコをどう見るかが重要になってくる。

①(後ろのスクリーンや舞台効果等を含め)全体を見る。

②メインの全員を見る。

③とりあえず喋って(歌って)いる人を見る。

④常に目当ての人を追う。

ちなみに私は④で、いない場合は②だ。

今回の場合は雲雀&骸で見るのが正解(なんの?)なのだろう。

が、舞台上で一列に並ぶ場合は端と端。

デュエットの時も端と端。どちらか一方しか集中しては見れない状態だったのだ。

こういう時は、いくら声優さんどうしが仲良かろうと、

原作設定がモノをいうのだ。

(山獄は並んでたし、ワンピもゾロとサンジは肩組んで歌ったりする)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

雨に唄えば

○ 郊外の道

   少女が歩いている。下校中だ。

   鉛色の空から雨が落ち始め、瞬く間に雨

   脚は強まる。

   駆け出す少女。

   転倒してしまう。

   水溜りで服がずぶ濡れになり、今にも泣

   き出すかと思われたとき――近くで水し

   ぶきの上がる音。

少女「?」

   同い年くらいの少年数人が傘も差さずず

   ぶ濡れで水溜りをバシャバシャやりなが

   ら大はしゃぎで目の前を走り抜けていく。

少女「……」

   少女、真似をして水溜りに両足で着地。

   上がる水しぶき。

少女(楽しい)

   少女、すっかり楽しくなってスキップを

   交えつつ雨の中を駆けて行く。

   突然、目の前で車が急停車する。

少女「!」

   車から顔を出す少女のパパ。

パパ「迎えきたぞ」


○ 走る車の中

   運転しながら助手席を気にするパパ。

   助手席の少女は楽しい時間を邪魔されて

   すっかりご機嫌斜め。

パパ「なに怒ってんだよ?」

少女(ふんっ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

月刊I-GIRL『6月号』

今日は全国大会Rが大阪で開催!

なんですが、私は東京…。

久々にコミケにサークル参加出来る事になり、

6月7月8月は倹約せねばなのです。

なので、速水さんのバースデーイベントも久々の単独ライヴも泣く泣く断念(;_;)

オフセット作りたい&コピー機新しくしたい_| ̄|〇

8月生まれが(ノд<。)

8月と12月に人気キャラの誕生日があると

そのジャンルは長生きすると伝えられていますが、

生モノはそうはいかないのが現状。

やはりコミケは別物、いや別格ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

井上真央のアオザイ ( アイドル愚考録 )

皆さんは今週号の少年マガジンをもう御覧になっただろうか。

今週の少年マガジンの巻頭グラビアは、「花より男子」劇場版の封切りを間近に迫えた、今もっとも旬なアイドルの井上真央である。

ここ最近はあまり質のよいグラビアに出会えず、寂しさと苛立ちに苛まれていた私だが、その表紙を目にした途端一気にテンションが跳ね上がった。体中の汗腺が興奮で開き、気付けばクーラーのよく効いた書店の中、ひとりだけ大量の汗をかいていた。

急いでページをめくると、私の興奮度は一気に加速し臨界点を超えた。それは血管に直接テキーラを注射されたかのような、異常なハイテンションであった。

彼女はアオザイを着ていたのである。

アオザイは私がこの世でもっとも愛する衣装である。

チャイナドレスを基調とし、フランス流のエレガントさで磨き上げられたこの衣装ほど、女性の持つ美しさを高めてくれるものがあるだろうか。女性のボディラインを忠実になぞることで、生地の下の起伏をあけすけに暴き立ててしまうが、決して淫靡な雰囲気はない。聖と俗を同時に備えながら決して矛盾しない、奇跡のような装束なのである。

しかも、今回、それを着ているのは井上真央だ。

これで昂ぶらないはずがない。

そしてそれはカメラマンたちも同じだったようだ。

やたらと構図に凝った、熱の入った労作が多かったのだ。主体であるはずの彼女をあえて画面の端に配置し、ぽっかり空いた空間にベトナムの風景や人々の生活を取り込むという、アイドルのグラビアという枠に収まらない、芸術作品のような仕上がりのグラビアばかりだった。

おそらくは彼女の持つ魅力に生に接し、アーティストとしての欲に火がついたのだ。十年に一人の逸材を手に入れ、自分の写真家としてのキャリアを試してみたいという熱情を抑え切れなかったのだろう。

それも無理のないところである。井上真央にはそれだけの魅力がある。

私が思うに、彼女の最大の魅力はその未完成さだ。

彼女は未だ成長の過程にある、ほころびかけた蕾である。

成長した彼女がどんな花を見せてくれるのか、まだ誰にも分からない。

艶やかでゴージャスな薔薇か。それとも清楚な白百合か。はたまた青空に輝く太陽のような向日葵か。

そこには想像力を働かせる余地がたっぷり残っている。

勝手な想像を膨らませながら、彼らスタッフが自分の推理を証し立てる手がかりを求め、ファインダーの前でポーズを決める彼女に食い入るような視線を向けている光景が眼に浮かぶ。

そしてきっと、そんな彼らの熱い眼差しを嘲笑うかのように彼女はころころと表情を変えてしまうのだ。まるで無限に形を変える万華鏡のように。

それはなんと幸福な撮影現場だろうか。

それだけに私は声を大にして言いたい。

これだけの素材を手にしながら、なぜ表紙がピンボケしてしまったのかと。

表紙こそ最初に人が目にするものである。看板である。細心の注意でもってあたるのが当然ではないか。

惜しい。まことに惜しい。

これでは表紙を見て落胆し、中に収められた至高のグラビアに気付かない人間もいただろう。彼はたった一枚ページをめくらなかっただけで、井上真央のアオザイ姿を拝むことなく人生を終えてしまうのだ。これは悲劇である。

マガジン編集部は猛省し、二度とこのような惨事を引き起こさぬよう、これからは細心の注意でもって編集作業に従事していただきたいものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年6月17日 (火)

実験

○ マンション・キッチン

   娘(18)が夕食の支度をしている。

   会社員の父親が帰ってくる。

父親「ただいま」

娘「(振り返りながら)おかえりな――ちょ

 っと」

   テーブルの上の料理をつまみ食いした父

   親を見て娘が言った。

娘「そういうのやめてって言ったでしょ」

父親(つまみ食いで汚れた指を見る)

娘「……ったく、あたしが結婚したら一人で

 やっていけんのかね」

   娘、少しして背後で父親が何やらやって

   いるのに気づき、

娘「なにしてんの?」

   父親、バターやジャムなどを指一本ずつ

   に塗っている。

父親「動物実験」

娘「?」


○ リビング

父親「ほーら、どれが一番好きだ?」

   飼い猫の眼前に五本指を出してどれを最

   初に嘗めるか試している。

   娘、ドアのところからその様子を見て、

娘「放っておけないよなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

谷村美月とナイフ ( アイドル愚考録 )

谷村美月が面白いことになってきた。

業界ではとっくに彼女の魅力を見抜き、昨年は4本、今年も5本の映画の主演、出演が決まっている。その若手としては異例とも思えるオファーの数に、業界の彼女に寄せる期待の高さが窺える。

そんな彼女の最新作が「神様のパズル」である。

世間では彼女の際どいカットが話題になっており、気になって「 神様のパズル 」公式ホームページに飛んでみたのだが、最初に現れた彼女の写真だけで、どうしてこれほど彼女が人気なのかが感得できた。

現段階での彼女の魅力は身体と顔のアンバランスさにある。

『 肉感的な身体と幼い顔つき 』という組み合わせなら幾らでも転がっているが、彼女の場合はその身体がとてもスキャンダラスなのに、それに比してあまりにも顔に色気がないのだ。

浮かべた表情が無色で透明なのに肉体は挑発的である、というのが何とも罪作りではないか。

特にこのホームページ上の写真では、ライティングの功績なのかそれとも肌の色調を補正してあるのか、とにかく彼女の手足と胸元が輝くばかりの乳白色である。ブラウスの白さが肌の白さを強調し、パンツの黒が白とのコントラストを作っている。シンプルだが、よく考えられたコーディネートだ。

それにしてもこのアンバランスさは面白い。

色事とは無縁な平和そのものの顔付きでありながら、身体からは危険な火遊びの匂いがするなんて、女優にはうってつけの稀有な才能ではあるまいか。

私の好きな映画にパトリス・ルコント監督の「 橋の下の娘 」という作品がある。不幸続きのヒロインが、ある日、ナイフ投げの中年男と知り合い、彼のナイフ投げの生きた的になるという寓話的な内容なのだが、そのヒロインがとても猥雑で良かった。

そのヒロインの役などは彼女にぴったりだと思われる。

彼女の白い手足のぎりぎりを通過していくナイフの切っ先。想像するだけでぞくぞくする。

劇中ではヒロインはナイフが肌を掠めるたびに恐怖とも恍惚ともつかぬ表情を浮かべるのだが、谷村美月ならばどんな危うい場面であっても顔色を変えることはないような気がする。

それはとても凄絶で、美しいシーンとなるのではあるまいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

水面下

○ 大通り

   由衣(7)が歩道を母親と歩いている。

由衣「あっ、ママ見て」

   道に沿ってあるお堀の水面を白鳥が優雅

   に泳いでいる。

由衣「泳ぐのうまいね」

母親「ああやって楽そうに見えてもね、水の

 下では沈まないように一生懸命足を動かし

 ているのよ」

由衣「ふーん」


○ 小学校・校庭

   理科の授業。

   太陽の観察のため、生徒たちに黒いセロ

   ファンが配られる。

先生「さぁ、これを使って太陽を観察してみ

 ましょう」

由衣「先生」

   と由衣が手を挙げる。

由衣「これって、お日様の足も見えますか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

声優語り・番外「REBORNコンサート、略して『リボコン』に行ってきました。その1」

今回は5月4日に中野サンプラザで行われたREBORNコンサート、

略して『リボコン』のレポートをしたいと思います。

過分に腐女子フィルターがかかっていると思われますがその点はご了承くださいませ。

すったもんだの末に着いた会場ですが、すでに長蛇の列。

グッズは売り切れている品がいくつかあり。

パンフ班とグッズ班に分かれて並んでいる間に、

「あ〜、なんかほんの数分前まで同じ事してたよね」などと思い。

2:2で分かれて着席。

いざ開演!

一曲目はツナ役國分さんとリボーン役ニーコさん。

一曲目が始まったと同時に立とうとした私達は、誰一人立たない状況に驚いた。

昼公演は全体的におとなしかったようにみえる。

まあ、夜公演でも立つ方はいなかったのだが(-.-;)(ちなみに、中野サンプラザは少なくとも一階席は立っても大丈夫ですよ?私はS.S.D.S診察会の時は最前列真ん中でも立ちます)

ツナ&リボの「かてきょー音頭」にのって本日の出演者全員が登場し、

曲後に自己紹介。

2曲目は早くも雲雀役近藤さんと骸役飯田さんのデュエット。

(どうやら前半デュエット曲、後半ソロ曲といった構成)ここで恐れていた事が!

なんと私達二人の隣の席のお嬢さんが骸ファンだったのだ!!

私の左隣に座っていた友人は、前々から「骸と山獄の歌笑わないで聴ける自信ないよ〜」と言っていたのに…。

私の右隣のお嬢さんは、飯田さんが歌い始めの「儚くて~」と同時に

「上手い~~」

とおっしゃったのです!!正に聞き惚れるといった表現がピッタリな!!!

イヤイヤイヤ、その感想を抱くのは自由だし、声に出すのも構わない。ただワンコーラスも聞き終らない内にそれは・・・。

いろんな意味で骸ファンてスゲ~~と思った瞬間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

ぼおっと

○ 道

   車の往来の多い道。

   歩行者信号が赤から青に変わり、信号待

   ちの人たちがぞろぞろと歩き出す。

   その中でひとり、ランドセルを背負った

   少女――麻里子(9)だけが動かない。

   熱がある様子でぼおっとしている麻里子。

母親の声「ええ、早引きしたと」


○ マンション

   母親が電話している。

母親「ちょっと帰ってくるのに時間が掛かり

 すぎてるように思いまして。いえ、もうそ

 ろそろ帰ってくると思います。お忙しいと

 ころすみませんでした」

   電話を切り、窓外を見るとポツポツと雨

   が降り出した様子。

   母親、心配になって出て行く。


○ マンションの廊下

   母親、傘を手に出てくる。

母親(あらっ)

   麻里子が廊下でしゃがみこんでいる。

母親(覗き込み、フッと笑う)

   熱っぽい麻里子、何が面白いのか、ぼお

   っとした様子で廊下を這うナメクジをじ

   っと見つめている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

成海璃子が笑うのならば ( アイドル愚考録 )

人間には、たとえそれが破滅につながろうとも、己の信念を貫かなければならない時がある。

シュリーマンが世間からの嘲笑に屈せず、トロイの存在を信じ続けたように。リンドバーグが無謀と言われた大西洋横断に挑戦し、パリの灯を目にしたように。

私はドコモを選び続けよう。

成海璃子がCMに出演するかぎり。

友人諸氏に言わせると、料金、サービス、スペックなどにおいて、ドコモは同業他社に大きく水をあけられているとのこと。機械オンチの私にはその真偽を確かめる術はないが、先日、同業他社が利益を上げる中、ドコモだけは業績が落ちているとの報道があったのは事実である。

しかし、私にすれば、そんなことは瑣末なことである。

重要なのはドコモが成海璃子をCMに起用したということだけだ。

友人の一人が言った。

「お前はCMに踊らされている」

しかし、それは正しくない。なぜなら、私は自ら望んで踊っているのだから。

たとえ、見かけは同じであっても、そこには天と地ほどの開きがある。

それは覚悟の量の違いである。

これが人に命じられ、もしくは騙されて行っていたならば、生じた不利益は自分ひとりだけの責任ではなくなる。被害者という名の逃げ道が残されている。

しかし、それが自発的に、確信的に行われた場合、蒙った被害の責任はすべて一人の人間に帰結する。逃げ場所は残っていない。

私はそのことを自覚している。

もしも、それで何らかの被害を受けたとしても、当然の報いとして受けるだけの覚悟は持っている。

たとえ料金が高かろうが、たとえサービスが悪かろうが、たとえスペックが他社に劣っていようが、そんなものは成海璃子をCMに起用してくれたドコモへの恩義に比べたら、塵ひとつほどの大きさも持たない。

だいたい、赤いドレスをまとった彼女から、「今後10年変わらず付き合ってくれますか?」と尋ねられているのだ。しかも少し不安の色をうかべながらだ。

「いいですとも!」と即答し、彼女の不安を取り去ってあげるのが、人間としての正しい道ではないだろうか。

だから私はこれからもドコモを選ぶ。

成海璃子が問い続けるかぎり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

月刊I-GIRL『5月号』

『リボコンへの道』

このチケットの当選率は昼公演アニメイト抽選1/8・昼公演ロッピー一般販売2/3・追加公演一般販売1/5・アニメイト抽選1/13。

これだけ見ていただければ、どれだけ激しい争奪戦だったかがうかがえるだろう。

噂によると販売開始から2分で完売との事。

昼公演は販売が平日だった事、スパコミ2日目という事もあった…のだろうか?

わりと取りやすかったように思われる。

が、追加公演の販売は土曜日で。

私も友人を巻き込み5人体制で挑み取れたのは一人で。

次のメイトなどはメイトカードを持っていない人には作らせ、友人や身内まで巻き込んで。

戦友などは旦那さんにまで作らせ…取れたのはやっぱり一人_| ̄|〇

次があるようなら、是非にファンクラブなどを作ってからにしていただきたい。

年会費5000円位までだったら出しますよ、私は(>_<)

『 COMIC CITY』

そんなこんなで向かえたスパコミ2日目。

やはり、「人海戦術」に勝る必勝法は無い。

REBORNに最初に行く人員は5人で、後に私がワンピから、もう一人が銀魂から加わり総勢7人で挑んだスパコミ。

見事買いもらしなく1限もゲットできたのでした。

ちなみに私は朝のうちに新宿駅構内のロッカーを確保し、サンプラザにカートを持ち込む事態を避ける事ができたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »