« ビニ傘 | トップページ | 憧れ »

2009年6月 2日 (火)

紫陽花

○ 井沢家・庭

   郊外にある二階建ての和風建築で広い庭

   がある。世帯主同様、だいぶ年をとった

   建物。

   鉛色の空の下、片隅に咲いた紫陽花を花

   ばさみで切っている井沢よし(65)、傍

   らに敷いた新聞紙の上に置いていく。

陽子(声)「売りたくないっていうのよ」


○ 滝田家・居間


   滝田陽子(45)、井沢良美(39)。

陽子「一人で住むには広すぎるし、第一無用

 心でしょ。ウチで一緒に暮らそうって再三

 再四言ってるんだけど」

良美「まだお父さんのこと忘れられないのか

 しら」

陽子「忘れられないって、蒸発したの二十年

 以上前よ。一緒に暮らしているときだって

 女ぐせ悪くて散々母さんのこと困らせたじ

 ゃない」

良美「でもわからないじゃない、夫婦の間の

 ことって」

陽子「まぁね」


○ 井沢家・庭

陽子(声)「今頃どこでどうしてるのかしらね、

 お父さん」


   ポツポツと雨が落ち始める。

   紫陽花の横にある子供の頭くらいの石に

   切った紫陽花の花を供え、そこにじっと

   手を合わせているよし。

|

« ビニ傘 | トップページ | 憧れ »

◇カチハヤ」カテゴリの記事

●ショートシナリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446045/29912903

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花:

« ビニ傘 | トップページ | 憧れ »