« 電話番 | トップページ | 海を泳ぐカエル »

2009年9月29日 (火)

○ リビング

   パパとママに向き合って座る洋太(8)。

ママ「パパとママ、どっちと暮らしたい?」

   驚く洋太。戸惑い、返答できない。


○ 道

   元気なく俯いて歩く洋太。

   民家が立ち並ぶ中にぽつんと水田があり、

   その畦に学者然とした中年男がしゃがみ

   こんでいる。

   洋太、なんとなく中年男に近づく。

   中年男の見ているのは畦のカエル。

   カエルも中年男をじっと見ている。

   洋太、ぐっと身を乗り出して覗き込む。

   カエル、驚いて水の張られた水田に飛び

   込んで見えなくなってしまう。

   洋太と中年男、顔を見合わせ微笑む。

洋太「カエルって強いね、土の上でも水の中

 でも、どっちでも生きていけるんだ」

中年男「いや、きっと両方ないと駄目なんだ

 よ。弱い生き物なんだよ」


   中年男、水田をぼんやりと眺めている。

   洋太、中年男の横にしゃがみこみ、同じ

   ように水田を眺める。

|

« 電話番 | トップページ | 海を泳ぐカエル »

◇カチハヤ」カテゴリの記事

●ショートシナリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446045/31569717

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 電話番 | トップページ | 海を泳ぐカエル »