« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

映画レビュー 『 謎のストレンジャー 』

『 謎のストレンジャー 』(原題 The Stranger)
  監督・出演 オーソン・ウェルズ
  出演 エドワード・G・ロビンソン
      ビリー・ハウス
      ロレッタ・ヤング
      フィリップ・メリヴェイル ほか

 渋谷の シネマヴェーラ でオーソン・ウェルズの 『 謎のストレンジャー 』 を見てきました。

 オーソン・ウェルズ関連では、これまで『市民ケーン』(監督・出演)や『第三の男』(出演)を見たことがありますが、どちらも随分前のことであまりよく覚えていません。

 そういうわけであまり期待せずに見に行ったのですが、これが大正解でした。

 映画の素晴らしさが詰まった一作です。

 この作品でオーソン・ウェルズが演じているのはナチスの残党・キンドラ。

 戦犯聴聞会はユダヤ人収容所の所長だったマイネックを泳がせ、キンドラの行方を突き止めようとします。

 物語はキンドラと彼の正体を暴こうとする戦犯聴聞会の調査員の心理戦を中心に描かれています。

 ただ、ストーリーそのものには特に目新しいところはなく、びっくりするようなどんでん返しもありません。

 ではどこが特筆に価するのかというと、ひとつは“強固な構成”、もうひとつはまさに“映画ならではのこと”です。

 “強固な構成”(プロット)は、いざシナリオ執筆となった際、シナリオライターに自由を与えてくれます。

 シーン毎の必要な要素が明確になっていれば登場人物の微妙な心の動きやセリフに集中できますし、ときには思い切った路線変更すら可能になります。

 映画の中で、夜、別名で名門校の高校教師に成りすましたキンドラが昼間に殺した男の死体を埋めた場所を犬の散歩にかこつけて確認に行く場面があるのですが、それと、宿で寝ようとしていた聴聞会の調査員が高校教師の昼間の発言から彼がキンドラに違いないと気づく場面が、カットバックで相互に描かれます。

 そしてその後、帰宅した高校教師は、昼間の品のある穏やかな態度とは打って変わり、犬(死体を埋めた場所を掘ろうとした)をしつけと称して地下室に閉じ込めます。

 この一連の流れから、その後徐々に正体をあらわにしていく高校教師の印象の変化を描くのは、全体を通した構成なくしては不可能なのです。

 もうひとつのポイント“映画ならではのこと”というのは、シーンとシーンの化学反応から生まれてくる、物語のふくらみのことです。

 これは観客の想像力を喚起させるスイッチのようなものと言い換えてもいいかもしれません。

 映画は映像で表現するもの、というのはよく言われることですが、映画はシーンです。

 ひとつひとつのシーンと、それらシーンのつながりから、描かれていない部分を観客に想起させ、わずか100分程度でひとつの世界を伝える。

 個々のシーンとその連携からくる化学反応が効果的に作用しているかどうかが一番重要なのであって、それができていれば極端な話、テーマや思想はあってもなくてもいいのです。

 この作品はそういった“映画とはそもそも何なのか”を思い出させてくれる良作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

映画レビュー 『 狼の死刑宣告 』

『 狼の死刑宣告 』(米国公開2007年 日本公開2009年)
  監督 ジェームズ・ワン
  脚本 イーアン・マッケンジー・ジェファーズ
  出演 ケヴィン・ベーコン 他



 新橋文化劇場で見た 『 狼の死刑宣告 』 の感想です。

 あらすじは以下のような感じです。

 主人公ニックは投資会社の副社長で、妻と息子2人と幸せに暮らしている。

 ある日、たまたま立ち寄ったガソリンスタンドで長男のブレンダンがギャングに殺されてしまう。

 それもニックの目の前で。

 犯人はすぐ捕まるが、検事によると刑は数年程度の懲役刑にしかならないとのこと。

 終身刑を望んでいたニックはそれに納得できず、わざと犯人が釈放になるような証言をし、自らの手で息子の復讐を遂げようとするが……。

 『 バタフライエフェクト3 』 の感想にも同じことを書きましたが、映画というのはテレビドラマよりも観客が集中して見ているので、提示する情報量をテレビより少なめにしないと、わかりやすくなりすぎてつまらなくなってしまいます。

 といって少なすぎても観客を置き去りにしてしまうので、ちょっと考えないとわからない程度の空白を作りつつシーンをつないでいくのが良い映画の条件です。

 その点においてはこの映画は大変優れた作品であるといえます。

 次のシーンに移った瞬間、観客が「これは何だ?」と疑問を持ち、少し考えて「ああ、こういうことか」とひざを打つ。

 手を変え品を変え、これを繰り返すことで観客は自分の身の回りのことを忘れ、スクリーンに没頭することができます。

 脚本、演出、編集それぞれが良い仕事をしたということです。

 対して役者はどうかというと、やはり主演のケヴィン・ベーコンに尽きます。

 ケヴィン・ベーコン演じるニックは息子の復讐のために独り、ギャングに立ち向かうわけですが、彼は警官でも軍人でもなく、サラリーマンです。

 当然、銃の扱いは素人。

 肉体的にも特別強いわけではないので、ショットガンをぶっ放した後によろけたりします。

 これがまたいい。

 まるで子供の運動会で足が付いていかずに徒競走で転んでいるお父さんみたい。

 思わずがんばれと応援したくなります。

 しかも、自らの命を顧みず復讐に血道を上げているニックの職業が、「投資コンサルタント = 顧客が投資を行う際のリスク管理が主な業務」であるわけですから、二重に面白い。

 そういう普段スーツ姿で仕事をしている普通のお父さんが、復讐のために恐ろしいギャングたちを皆殺しにするわけです。

 ストーリーはいたって単純なわかりやすいもので、アクションは実に爽快!

 映像も 『 ソウ 』 のジェームズ・ワン演出だけあって素晴らしい出来です。

 2009年公開のアクション映画としては 『 チョコレートファイター 』 と双璧をなす傑作であるといえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

借りた本

〇 墓地

   ある墓の前に立つ男(井田・40)

井田「先生」


〇 回想・病室


   痩せ細った老患者がベッド横に立つ井

   田(35)に震える手で本を差し出す。

老患者「これを……君に、貸します」

   井田、何も言えずただそれを受け取る。

   救急車のサイレン。


〇 病院・廊下

   走る白衣姿の井田。

   ストレッチャーで運ばれていく血だらけ

   の救急患者。


〇 手術室

   執刀医として手術を行っている井田。


〇 休憩室

   疲れ果て長椅子に体を横たえる井田。

井田「少しは返せたかな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

映画レビュー 『 バタフライエフェクト3 』

 新橋文化劇場で 『 バタフライエフェクト3 』 と 『 狼の死刑宣告 』 を見てきました。

 『バタフライエフェクト』シリーズは、1作目はDVDを購入して鑑賞、2作目は評判がすこぶる悪かったので見ていません。

 このシリーズは、過去にタイムスリップする能力を持った男が主人公で、彼が皆を幸せにするために過去を弄ることで、その行動が逆に未来の大きな不幸を呼んでしまう、というのが基本のストーリーです。

 シリーズ間にストーリーや登場人物のつながりはありません。(2作目は見てませんけどたぶんつながりはないと思います)

 主人公の能力設定だけが共通です。

 過去と現在の行き来を繰り返す展開が主で、過去のちょっとした行動が伏線になって現在がとんでもないことになっていたりするのが面白いところ。

 必然的にかなりテクニカルな脚本になるのですが、1作目はそれが非常によく練られていて非常に楽しめました。

 今回見た3作目も同様で、現在に戻ってみると同居人との立場が逆転していたり、刑務所に収監されていた人が弁護士になっていたりと期待通りの展開がてんこ盛りです。

 主人公が過去から現在に戻った瞬間は、彼と同じように観客も現在の状況がどのように変化しているのかわからず一瞬戸惑うのですが、映画の場合はテレビドラマと比べて観客の集中の度合いが高いですから、テレビだと「なにこれ、わかんねえよ」と思われてしまう情報量でも、観客は「いまどうなってるの!?」と積極的に理解しようとします。

 その際、観客に提示する情報の量が、推測すればル程度わかる程度の量であると、観客はある種の達成感を感じ、それによって余計に画面に集中してくれます。

 その辺のさじ加減がこのシリーズの脚本は絶妙です。

 とはいえ、作品自体はいわゆるB級作品であって、決して粗がないわけではないのですが、少ない予算でも工夫された脚本によってこれだけ観客を楽しませることができるという点においては、なかなかの作品であるといえるのではないでしょうか。

 一番面白いのは1作目なので、興味を持った方は是非見てみてください。

 特にラストは抑制が効いていて、せつなくて、かっこいいですよ。

 『 狼の死刑宣告 』の感想は次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

新しい生活

〇 リビング

   夫がくつろいだ様子で新聞を読んでいる。

   妻、洗濯物が山盛りになった洗濯籠を抱

   えて入ってきて、それを畳みながら第九

   のメロディーを鼻歌で歌いだす。

夫「ん?」

妻「え? あー、拓人のがうつっちゃった」

夫「年末にやったやつか」

妻「そっ。前の学校の皆で合唱したやつ。越

 してきてまだ一ヶ月ちょっとなのに、なん

 だかもう懐かしいわね」

夫「拓人、いまでもよく歌ってるの?」

妻「しょっちゅう。余ほど気に入ったのね」


   夫、ふと不安な思いが過ぎり、

夫「あいつ、学校でうまくやれてるのかな」

妻「どうしたのよ急に」

夫「(ホッと笑みを浮かべ)考えすぎか」


   夫、第九を鼻歌で歌いながら退出。

   それを聞いていた妻、手を止め、少し不

   安な面持ちで考え込む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

もらい性

〇 カフェ

若い女A「許しちゃったの!?」


   若い女Aの上げた驚きの声に周囲の客の

   目が一瞬彼女に向けられる。

   向かい合わせに座っている若い女B、決

   まりが悪そうにもじもじと目を伏せる。

若い女A「あんたに貢がすだけ貢がして捨て

 た男じゃない」

若い女B「だって、実際に会ったら“かわい

 そう”になっちゃって」

若い女A「はあ?」


   「あっ」とガラスの向こうの通りに向か

   って笑顔で手を振る若い女B。

   振り返って通りを見る若い女A。

   通りで手を振っているギャル男風のヘラ

   ヘラした若い男。

   右目に眼帯をしている。

若い女B「ものもらいなんだって。かわいそう」

若い女A「(呆れ顔)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

初恋は……

〇 山間の村・小高い丘

   丘の上で少年が鍬を振り下ろしている。

   すぐ下の山道を走ってきた自転車の女子

   中学生二人(少年の姉を含む)が道端に

   停まって少年を見る。

姉「なにやってんの」

少年「うるせえ!」

姉「なにあれ。いこ」


   再び走り出す二人。

女子「男の子ってときどきああいう意味もな

 いことするのよね」


〇 自宅・玄関


   姉、「ただいま」と入ってくる。

母親の声「いとこの由美ちゃん来てるわよ」


〇 同・居間


   入ってくる姉。

姉「由美ねえちゃん、ひさしぶりーー」

   母親や由美の他に若い男がいる。

   若い男、会釈する。

姉「(戸惑いつつ会釈を返す)あっ、ひょっと

 して(と由美と若い男を指す)」


   恥ずかしがる二人。

姉「そっか……」


〇 小高い丘


   汗だくになりながらも全力で鍬を振り下

   ろす少年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »