« 唄 | トップページ | 唄を忘れたカナリヤ »

2016年9月29日 (木)

エクストラドライマティーニ

◯ バー

   カウンターで呑んでいる

   桧鶴(ひづる♀20)弥葉(みつは♀21)

   マティーニを呑みもせず、

   オリーブでかき混ぜている桧鶴。

桧鶴「マスター元気?」

弥葉「まあね」

桧鶴「お客さん、入ってる?」

弥葉「まあね」

桧鶴「じゃあさ──」

弥葉「そんなに気になるなら店に来れば?」

   桧鶴、手を止め、

桧鶴「いいの!?」

弥葉「お客を拒む理由は無い」

   桧鶴、グラスに目を落し

桧鶴「唄わせちゃくれないか……」

弥葉「唄いたいの?」

 桧鶴が唄えども聴いてないお客の画インサート。

桧鶴「……」

   マティーニをぐいっと呑み干し

桧鶴「唄、やめようかな……」

   突っ伏す。

弥葉「あんたの人生だ。好きにしたらいい。

   自分が何をしたいのか、よく考えてみるんだね」

   弥葉、お金を置いて席を立つ。

   店の入り口で桧鶴を顧みる。

   突っ伏している桧鶴。

   店を後にする弥葉。

   空になったグラスを見つめ

桧鶴「あたし、何したいんだろう……」

   グラスにはオリーブが残っている。

|

« 唄 | トップページ | 唄を忘れたカナリヤ »

◇Samiano de Angelis」カテゴリの記事

●ショートシナリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446045/10180232

この記事へのトラックバック一覧です: エクストラドライマティーニ:

« 唄 | トップページ | 唄を忘れたカナリヤ »