« Adirato | トップページ

2016年10月20日 (木)

Zenyatta

◯ バー

   店内はお客でいっぱい。

   その中には桧鶴(ひづる♀20)の姿も。

   ステージではバンドがポップスを唄っている。

桧鶴(心の声)「マスターは何を見せようとしてるんだろう」

   空いたグラスに残った氷を指でかき混ぜている。

   ステージの袖でがたがたと騒々しい音が。

   どよめく観客、青ざめるバンド。

桧鶴「なんだなんだ?」

 「ほーっほっほっほっ!」

   人の制止を振り切り、

   ゴスロリ女がギターを下げ、

   高らかに笑いながら現れる。

バンドの女「あんた、クビだっていったでしょ!?」

ゴスロリ女「知らないわ、そんなこと!」

   バンドの連中が止めようとするのもお構い無く、

   ギターをかき鳴らす。

   メタルのようなノイジーなギター。

桧鶴「なんなの!?」

   思わず耳を覆う。

   が、気づく。

桧鶴(心の声)「この人、うまい!?」

   バンドの連中の手によって袖へと押し込められて行くが、

   ギターを弾き続けるゴスロリ女。

   どよめいていた客の中から歓声が上がる。

   それが引き金となって、盛り上がる客席。

ゴスロリ女「わかった?お客はワタシを望んでいるのよ」

   と笑う。

   バンドの連中はがっくりしてゴスロリ女を解放。

   ゴスロリ女とともに演奏を再開するがゴスロリ女の独壇場。

   すっかりポップスではなくなってしまったが、

   客席は沸きに沸いている。

ゴスロリ女「ワタシのギターを聴かせて差し上げるわ」

   ほーっほっほっほっと高らかに笑う。

   桧鶴、マスターのいるカウンターへ。

桧鶴「(ゴスロリ女を指差し)マっ、マスター、

  なんなのアイツ?」

マスター可憐(かれん)。ギタリストだ」

桧鶴「いやいや、そーじゃなくて」

マスター「腕はいいんだが性格にちょっと問題があってな」

桧鶴「あるなんてもんじゃないでしょ!

  めちゃめちゃじゃない!」

マスター「そうか?」

桧鶴「そうかって……」

マスター「ま、確かにどのバンドでもすぐ首になってしまってね。

  長続きしないんだ」

桧鶴「当然でしょお」

マスター「どうだ、彼女と出来るか?」

桧鶴「ムリムリムリ!ぜっっったいムリ!!」

マスター「彼女とならステージに立たせてやってもいいんだが」

桧鶴「え゛?」

|

« Adirato | トップページ

◇Samiano de Angelis」カテゴリの記事

●ショートシナリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446045/10676396

この記事へのトラックバック一覧です: Zenyatta:

« Adirato | トップページ