●童話

2016年7月28日 (木)

眠れぬ夜に

目次

眠れぬ夜に 1

眠れぬ夜に 2

眠れぬ夜に 3

眠れぬ夜に 4

眠れぬ夜に 5

眠れぬ夜に Fin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠れぬ夜に 1

1  2  3  4  5  Fin 次へ

 

眠れない。

小学生になって一人で眠ることには慣れたけど、

それでもたまに寂しくて眠れなくなっちゃう。

お父さんもお母さんもお仕事で忙しくって、

ふたりとも夜いないことが多いんだ。

誰もいないおうちは静かで心細くて、

ますます眠れなくなっちゃう。

でも大丈夫。

こんな時、強い味方がいるんだ。

眠りの国からやってくる眠りの王様、ねむねむさまだ。

 
「ねむねむさま、ねむねむさま。どうかおいで下さい」

 
心の中でこう3回となえると、ほらほらやってきた。

ちっちゃいくせにいばってるのがおかしくて、

ついつい笑っちゃいそうになっちゃう。

まちがってもねむねむさまに「ちび」とか言っちゃだめ。

ねむねむさまはちっちゃいことを気にしてるから。

ねむねむさまの機嫌をそこねないように、

いつも笑いをこらえるのが大変だ。

 
「ねむねむさまおねがい、ぼくを眠らせて」

 
そう言うとねむねむさまは、

やれやれしょうがないな、

って顔をして、いつももったいつけるんだ。

まったく、ちっちゃいくせに、

態度だけは大きいんだから。

そしてねむねむさまは手に持ったステッキを

ぼくに向け,ぼくの周りをゆっくり回りだす。

1周。

2周。

3周……。

1周回るごとに意識は遠のいて、

ぼくは眠りの世界へと旅立っていく。

朝、目を覚ますとねむねむさまはもういない。

 
「ねむねむさまありがとうございました」

 
心の中でお礼をするのを忘れずに。

お礼をするのを忘れると、

ねむねむさまはへそを曲げてしまうから。

ねむねむさまってこどもみたいだよね。

こうして眠れない夜、

助けてくれるねむねむさまだけど、

あてにならないこともよくあるから困っちゃう。

 

1  2  3  4  5  Fin 次へ  

| | コメント (0)

眠れぬ夜に 2

前へ 1  2  3  4  5  Fin 次へ

 

ぼくが初めて小学校に行く前の夜。

胸がドキドキしちゃって眠れなかったんだ。

だからねむねむさまにお願いしたんだけど、

ねむねむさまもドキドキしちゃってドキドキしちゃって、

部屋の隅で縮こまっちゃってる。

いくら呼んでもお願いしても、

ねむねむさまはびくびくしながら、

ぼくの方をチラチラ見るばかり。

いつまでたっても自慢のステッキを使ってくれないから、

ぼくは夜中まで眠れなかったんだ。

 

前へ 1  2  3  4  5  Fin 次へ 

| | コメント (0)

眠れぬ夜に 3

前へ 1  2  3  4  5  Fin 次へ

 

そうかと思うと逆の時もある。

クリスマス・イブの夜。

サンタさんに会いたくて、

ベッドの中で眠らないようにがんばっていたのに、

呼びもしないのに鼻歌を歌いながら

ねむねむさまがやってきた。

「きょうはいいからお帰り下さい」

けれどねむねむさまはおかまいなし。

ツンととがったおひげを指でつまんでなでている。

機嫌がいい時、ねむねむさまは

決まっておひげをさわるんだ。

そしてびしっとぼくにステッキを向ける。

なにをきどってるのさ。

大事な時にはびくびくしてるくせに。

おかげでぼくは一度もサンタさんに会ったことがない。

ねむねむさまの気まぐれにはつきあいきれないよ。

 

前へ 1  2  3  4  5  Fin 次へ

 

| | コメント (0)

眠れぬ夜に 4

前へ 1  2  3  4  5  Fin 次へ

 

それから、こんなこともあった。

運動会があった日の夜。

お父さんもお母さんも来れなかったけど、

ぼくは一生懸命がんばって、

かけっこで一等賞になったんだ。

ぼくはとってもうれしくて、

お父さんやお母さんに話したくて、

テレビを見ながら帰ってくるのを待っていたの。

そうしたら突然ねむねむさまが走って来て、

ぼくにぶつかってきた。

「きょうはいいんだってば!」

びっくりしたけれど、眠らされるわけにはいかない。

だけどこの日のねむねむさまはちょっとちがっていた。

ふんふん、ふんふん、とすごく鼻息が荒い。

なんだかとっても興奮してるみたいだ。

ごろごろころげまわったり、

だしだしとじだんだを踏んだり、

めちゃめちゃにあばれまわってる。

「どうしたの、ねむねむさま?」

ぼくは心配になって話しかけるけれど、

ねむねむさまは聞いちゃいない。

そしてステッキをぶんぶん振り回しながら、

またぼくにぶつかってきた。

気づいたらぼくはベッドの中だった。

あの日のねむねむさまはなんだったんだろう。

ねむねむさまって時々よくわからない。

 

前へ 1  2  3  4  5  Fin 次へ 

| | コメント (0)

眠れぬ夜に 5

前へ 1  2  3  4  5  Fin 次へ

 

そんなねむねむさまだけど、ぼくは大好き。

寂しい時はいつもきてくれるし、そばにいてくれた。

だから、お別れを言いに来た時はとってもびっくりした。

ねむねむさまはいつまでも

ずっとずっといっしょにいてくれると思ってたから。

お別れのダンスを踊って見せるねむねむさま。

ぼくはびっくりし過ぎて、

ぼんやりとお別れのダンスをながめている。

なんだかいろんなことが浮かんできた。

ねむねむさまとけんかしたことあったよね。

ふたりしてそっぽ向き合ってたけど、

本当はぼくもねむねむさまも

仲直りしたくてしょうがなかったんだよね。

お母さんに隠れてチョコレート

食べたこともあったよね。

夜に食べるとおこられちゃうからこっそりと。

ねむねむさまったら口のまわりを

チョコだらけにしちゃってさ。

ちっちゃなこどもみたいで、おかしかったな。

ぼくがお父さんにおこられて泣いているとき、

何も言わずそばにいてくれたね。

ちょこんとぼくのとなりにすわってさ。

ちっちゃな手でぼくの背中をなでてくれた。

ぼくはなんだかよけい泣いちゃったんだ。

うれしいのに涙が出てくるなんてへんだよね。

いつもいっしょだったね。

いっしょに笑ったね。

いっしょにおこったね。

いっしょに泣いたね。

いっしょに……いっしょに……。

ねむねむさまはお別れのダンスを踊りながら、

ぼくの前を行ったり来たりまわったりしてる。

いやだよ。

ぼくそんなの見たくないよ。

なんでいなくなっちゃうんだよ。

いつまでもいっしょにいてよ、ねむねむさま。

だけどねむねむさまは、

最後にぺこりとおじぎをして消えてしまった。

笑顔で手をふりながら消えてしまった。

まってよ。

ぼくをひとりぼっちにしないでよ。

 

前へ 1  2  3  4  5  Fin 次へ

 

| | コメント (0)

眠れぬ夜に Fin

前へ 1  2  3  4  5  Fin

 

でもその心配はいらなかった。

これからはお母さんがいつもおうちにいるから。

お母さんのおなかの中にはぼくの兄弟がいる。

ぼく、お兄ちゃんになるんだ。

もうひとりぼっちになることはない。

それにぼく、わかったんだ。

お母さんの大きなおなかに顔をくっつけて、

こっそり言ってみる。

「ちび」

すると、おこったようにぼくをけってくるんだ。

まだ生まれてもいないのになまいきだな。

これからはぼくの弟か妹になる。

いつまでもいつまでもいっしょだね。

早くまた会いたいよ、ねむねむさま。

 

前へ 1  2  3  4  5  Fin

 

| | コメント (0)